2017年02月17日 17:50  カテゴリ:健康

リコピンちゅうにゅ~う!!




リコピンちゅうにゅ~う!!


身体が疲れているみたいです...

癒やされます


昨日、お客様から美味しいトマトを頂きました!


その至極の一品がこちら!





おやつ感覚で食べられるフルーツトマト!





見事な赤玉で、かじってみればこの肉あつ





あまいのなんのって...


甘すぎるんです!!

いちごかと思うくらい!(言い過ぎました...)



ちなみに
お買い求めはこちらから!!!
⇓⇓

プラザヒラクの八百屋さんで!

岡崎市内にあります!

場所はここ!
⇓⇓




勝手に宣伝してます!


至極の一品ぜひ買いに行ってみては!
まだ売ってるかわかりませんが...(笑)
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年11月30日 19:37  カテゴリ:健康

慢性疾患に関して核心をつけていない現代医療




近年レントゲン、MRI、CT、超音波画像診断など数々の精密な検査を行う為の機械が誕生しております。

また、痛みを緩和してくれる薬や湿布も数多く出回っております。

それらの普及によって、さまざまな症状を早期に発見でき、薬や手術などによって早期に対処することが可能になりました。

しかし、皆様御存知でしょうか?


皆様も一度は経験したことのある



『腰痛』

『肩こり』

『膝の痛み』

『股関節の痛み』
 など


慢性的な疾患と呼ばれるものに関しては結果が違います。



厚生労働省のホームページに記載されている情報です。


普段感じている自覚症状


平成10年 
男性 1位:腰痛 2位:肩こり
女性 1位:肩こり 2位:腰痛

平成19年 
男性 1位:腰痛 2位:肩こり
女性 1位:肩こり 2位:腰痛

平成25年 
男性 1位:腰痛 2位:肩こり
女性 1位:肩こり 2位:腰痛


【参考】
厚生労働省ホームページ(平成10年のデータに関して)
厚生労働省ホームページ(平成19年のデータに関して)
厚生労働省ホームページ(平成25年のデータに関して)

お気づきでしょうか?

データ内の15年間何も結果が変わっていないことを。


精度の高い検査ができる機械が誕生し、効果抜群の薬が出現しているにも関わらず。


つまり、慢性疾患と呼ばれているものに関しては、精度の高い検査ができる機械や効果抜群の薬では核心をついていないという事ではないでしょうか?


どれも『原因』を解決していく方向に導いていないので、厚生労働省のデータのような結果になっているのではないでしょうか?
本当に助けたいという気持ちがあれば、このような結果にはならないのではないでしょうか?


一セラピストとして、慢性疾患でお困りの方への想いを【柔YAWARA officalsite】のHOMEに記載してあります。

【柔YAWARA officalsite】はこちらから

是非ご一読して頂ければ幸いです。  


Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年11月18日 22:52  カテゴリ:健康

日本よ!医療費は大丈夫か!?





41.5兆円


この数字が何をさしてしているかご存知でしょうか?




厚生労働省が発表した2015年度の医療費です。


2014年度の医療費を抜き、過去最高額となりました。
むしろ、毎年記録が更新しています。


今後も記録を伸ばしていくとの事です。



41.5兆円の医療費の内訳




(単位は兆円)

参考:厚生労働省

診療費が32.6兆円

医科入院が15.6兆円

医科入院外が14.2兆円

歯科が2.8兆円

調剤が7.9兆円


歯科よりも調剤の方が医療費が高いんですね...

1回に出される湿布の枚数に制限がかかるのも納得です。


年々増加していく医療費




(単位は兆円)

参考:厚生労働省

平成24年度と比べ、平成27年度の医療費は8%弱の増加。

もちろん国が41.5兆円の医療費を全て負担しているわけではない。
予算が98兆円で41.5兆円の医療費を負担したら国は潰れてしまう。
41.5兆円の約40%が国や地方で、残りは個人や企業の保険料、患者が負担している。


この増加していく医療費は2025年には54兆円まで膨れ上がると予測されている。


どうなっていく日本?


年々高齢者は増えていく。
その反面高齢者を支える若者は減っていく。

医療費は増えるが、それを払うものたちが少なくなっていく。

一人一人の負担の増加は目に見えている。


国民皆保険制度を導入した時から、予測は出来なかったのか?

その場しのぎ、行き当たりばったりの政策をしていては収集がつかないのでは?

日本は根本的な見直しが必要な時期に差し掛かっているのかもしれない。


皆様どう思われますか?  


Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年05月27日 14:04  カテゴリ:健康

ノニジュース!! お客様から頂きました!

いつもお世話になっております。
身体とこころにしなやかさをご提供する 柔 YAWARA です。


昨日、いつもお世話になっているお客様から

『ノニジュース』

というものを頂きました。





ノニジュース!?


初めて見たのでどんな飲み物か調べてみました。


【ノニとはなにか?】

・インドネシアモルツカ諸島原産

・日本では沖縄県八重山諸島で見られます

・ノニは冬場を除き1年中収穫可能

・北アメリカ大陸の人々の間ではまだほとんど知られていない、非常に優れた治癒力を持つ果実


【出典】http://www.nakazen.co.jp/noni/cat90/


【効能は?】

免疫系を刺激し、細胞の機能及び傷ついた細胞の再生を適正化する働きがある

・高血圧の改善

・炎症抑制剤としても使用できる

・消化器及び心臓疾患を防ぐ抗菌作用

・痛みの緩和

・癌腫瘍の発達を防ぐ

・睡眠・気分の浮き沈みを調整する  

などなどその他100以上の作用があるそうです!

これはすごい!




生活する、仕事をする、運動をするなどの人間の生命活動において
食べ物で栄養を作りだすか、自分の身体に蓄積されている栄養を消費するかのどちらかしかありません。
(例外として薬の投与もありますが...)


働くにしても遊ぶにしても、身体が1番の資本です。

健康のために筋肉や関節を大切にすることも大事ですが身体を構成する食べ物も大切ですね!



ノニジュース飲んで本日も一日頑張ります!


【参考サイト】
http://e-tyozai.com/kbic/noni.html
http://monclerindre.com/noni-3526.html

  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2015年12月17日 11:52  カテゴリ:健康カテゴリ:肩こり・四十肩・五十肩カテゴリ:頸の痛み・トラブルカテゴリ:腰痛・腰のトラブル

忘年会シーズン 知っておくといいアルコールと筋肉の関連性

こんにちは!
柔 YAWARA です!^_^

忘年会シーズン真っ只中ですね!
このシーズンに飲みすぎてしまうことが多々あると思います。

そこで本日テーマはアルコールと筋肉の関係性についてです。



〈出典〉http://mesopota.blog.jp/archives/1003386309.html








アルコールを飲みすぎると・・・

・筋力低下 + 筋痛

・筋線維の部分的な壊死

などが生じるそうです。


トレーニング後だと

お酒を飲むことによって筋肉の超回復の効果が
期待できなくなります。

二日酔いで体がだるい、動かすのがつらいという症状は
からだの筋肉や心臓の筋肉が弱っている結果だそうです。




なぜそうなるのか?

飲酒すると

体内の水分とビタミンを使って毒素を分解します。

体内のビタミンが不足状態になると筋肉が破壊されていく。

その結果、筋肉の痛み・だるさになるそうです。

このような症状をアルコール筋症といいます。



ビタミンのほかにも・・・

ナトリウム
カルシウム
亜鉛
カリウム

などの栄養素も失われるそうです。。。



防ぐためには

飲酒によって失われる栄養素を補給するため、バランスの良いつまみにする。

もしくは

飲酒前、飲酒後にスポーツドリンクでミネラルなどを補給すると効果があるのだとか・・・



結論

身体が痛くなるほど飲みすぎてはいけないということですね!!

忘年会シーズンの飲みすぎにはご注意を!!




〈参考〉
http://alcoholkin.com/entry1.html
http://www.kochi-al.org/url/body.html
http://nyu-su01.com/1193.html
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2015年12月09日 16:34  カテゴリ:健康カテゴリ:肩こり・四十肩・五十肩カテゴリ:頸の痛み・トラブル

スマホ、PCから出るブルーライトが肩こりに影響を及ぼすらしい!(@_@;)

こんにちは!

柔 YAWARA 代表 長尾です!


本日のテーマは『ブルーライト』

スマホ・PCからでるブルーライトの影響をご存知でしょうか?




〈出典〉http://www2.elecom.co.jp/accessory/filter/ef-flbl/




ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いため、スマホを長時間見ていたり、デスクワークでパソコンに向かっている人は
知らず知らずに目に大きなダメージを受けます



また、

その眼のダメージや疲れによって肩こりを誘発することがあるそうです(◎o◎)/!



それだけでなく、

長時間ブルーライトを浴びていると、メラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されづらくなります。
結果、睡眠障害やうつ、肥満、がんになりやすくなるそうです。


対策としては

・PC・スマホを長時間行わない。

厚生労働省では1時間使用したら、15分休憩するように推奨されています。

そのほかにも、

・ブルーライトカットのメガネを使用するなどがあります!(業者の回し者ではありません)


肩こりでお悩みの方、ブルーライトの影響も考えて生活してみてはいかがでしょうか?


【参考サイト】
http://www.ishamachi.com/?p=904
http://visualshoxxx.com/11963.html
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2015年12月04日 17:26  カテゴリ:健康

みかんを食べてダイエット!?(◎_◎;)

こんな記事を目にしました!


『みかんを食べてダイエット!』


《出典》http://iemo.jp/9836



1日3個、食前にみかんを食べる事によってカロリーカットになるらしいです!(◎_◎;)



みかんに含まれている不溶性食物繊維満腹感を強めてくれ



糖の吸収を抑えてくれるペクチン



体脂肪を分解してくれるシネフリン

が含まれているからだそうです!^ ^



さらには焼いて皮ごと食べればより良いらしいです( ゚д゚)



あくまでも食前に食べる事が重要な事だそうです!


糖度の高い三ケ日みかんがあるので、さっそく実践してみます( ´ ▽ ` )ノ





《参考》
http://matome.naver.jp/m/odai/2144903795933340301
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2015年12月02日 14:30  カテゴリ:健康

インフルエンザの予防接種は受けましたか?

いよいよ寒さが厳しくなってきましたね!



低温・乾燥を好むインフルエンザが流行してくる時期になってきました!




〈出典〉http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/42/43/44/p003952.html

皆様は予防接種は受けられましたか?




予防接種の効果としては、

感染後の発症と重症化を軽減することがよく言われています。




あくまでも



インフルエンザウイルスの『感染』は防げないそうです!



このような意見とは別に



いろいろ調べていると




『インフルエンザワクチンは効かない』


という意見もあります。




・「重症化を防ぐのは嘘」

・「ワクチンは劇薬に等しい」

・「その年の流行する型のインフルエンザの型をぴったり合わせるのは宝くじをあてるより難しい」

・「WHOがインフルエンザの予防接種に効果なしと認定した!?」

・「重い副作用であるギランバレー症候群にかかるリスクがある」




などの意見があります。



効かないという意見の参考はこちらから
http://matome.naver.jp/odai/2142207789434574901
http://matome.naver.jp/m/odai/2136722192815769401
http://www.thinker-japan.com/dontvaccinated.html




皆様は感染後の発症を軽減するために、確率は少ないですが重い副作用が起こるかもしれないワクチンを接種しますか?
接種せずに感染後の発症が重篤になるリスクをとりますか?






自分は予防接種をするにせよ、しないにせよ、『免疫を高めて感染しない』ように体力をつけて、健康的な生活を送るように心がけます!!(^_^)/

それが最大の予防ではないでしょうか?



【参考サイト】
https://ikujimama.net/influenza/
http://matome.naver.jp/odai/2142207789434574901
http://matome.naver.jp/m/odai/2136722192815769401
http://www.thinker-japan.com/dontvaccinated.html

  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2015年11月28日 14:54  カテゴリ:健康

幼少期のハイハイは大事‼︎

最近小さい子供が転んだ時に顔をぶつけてしまうことが多いとのニュースをみました!

転んだ時に手で顔をガードする事が出来ないそうです(;´Д`A



なぜか⁉︎



それは赤ちゃんの時、ハイハイの時期が短いからだそうです!



〈出典〉http://shippaikun.com/babybruceleemovie/


早く歩かせるのが良い
と思う親が増えてきているらしいです!



ハイハイと同じ動作である匍匐前進

大人がやってもかなりいい運動になります!

特に体幹や肩甲骨まわりが鍛えられます‼︎


赤ちゃんの時のハイハイも同様に体幹や肩甲骨まわりが鍛えられるそうです!^ ^



この時期が短すぎると体幹や肩甲骨まわりが未発達になり、姿勢が悪くなったり、転んだ時に手で顔をガード出来なくなるそうです(;´Д`A


さらに早く成長が見たいがために早く歩かせることで、膝周りの組織が未発達の為、O脚になりやすくなるとも言われております!!(◎_◎;)



子供の成長を早く見たいが為に早く歩かせるのもいかがなものかと・・・



やっぱり適切な時期を経て成長していくのが1番良ですね( ´ ▽ ` )ノ


〈参考〉
http://unitedscene.jp/kosodatepapa/haihai/
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2015年11月11日 17:10  カテゴリ:健康

睡眠の質は大丈夫ですか?

最近季節の変わり目の為か風邪が流行っていますね!

風邪予防の対策として、手洗い・うがい、食事・睡眠をしっかりとり、よく運動をすると言われています^ ^


今日はその中の睡眠についてです!



いつも寝ても寝ても、寝足りない現象がおこってるので調べてみました!




〈出典〉http://matome.naver.jp/m/odai/2141696504417691701/2141696842222634103

【睡眠が必要な理由】
1.身体の疲労回復

2.脳内でできた化学物質の除去し、頭をスッキリさせるため。

これが除去できないと頭がぼんやりしたりし、アルツハイマーの原因になりやすいと。

3.ストレスの除去
寝不足はイライラのもとだそうです!
また不規則な睡眠時間はストレスを蓄積させ、命にも関わってくると。



特に女性は男性より賢い脳のつくりであると言われているので睡眠は大切にしないといけないそうです!


睡眠で脳の疲労が取りきれないとうつや認知症を引き起こすこともあるそうです(;´Д`A


【睡眠の質を上げるためには?】

とりあえず寝ればよいわけではないそうです!(ノ_<)

質を高めるために

1.夜は真っ暗にして、朝起きたらしっかり陽をあびること

2.寝返りのしやすい寝具をしようする!(硬め)
寝返りで身体のストレスを逃しているため。

3.20時以降栄養吸収モードになり、0時以降その栄養で組織の修復をするため0時までには、寝る!

さらに6時には起きれるとリズムが作れるみたいです!


体内のサイクルは以下のようになっていると言われています。
12時〜20時
消化が盛んになる

20時〜4時
食べたものの吸収がよくなる

4時〜12時
排泄が盛んになる



【熟眠障害に注意しよう!】
・寝つきは悪くない
・それなりに寝れている
・だけど、熟眠感がない


上記の症状があると不眠症の一種の熟眠障害の可能性があるそうです!(◎_◎;)

マジですか・・・(;´Д`A


対策としては

睡眠の質を改善して深いノンレム睡眠ができるようにすること!

また


午前中に太陽の光を浴びてセロトニンの分泌量を増やすことだそうです!



セロトニンは精神の安定に働く他、脳の覚醒に働くそうです^ ^



牛のレバー、豚ロース、鳥の胸肉、かつお、パスタなどの穀類に多く含まれているので、そのような食事を摂取するのも大切だそうです!



より良い仕事、より良い生活を、送るためには睡眠は大事ですね( ´ ▽ ` )ノ


睡眠の質を高めましょう!



〈参考〉
http://zi-gen.com/sleep-quality-1095
http://www.berry-counseling.com/20/
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)