2016年11月08日 17:04  カテゴリ:膝の痛み・トラブル

たった3分で分かる!膝の内側側副靭帯の構造と損傷後の修復について

いつもお世話になっております。

柔YAWARA 代表 長尾です。


ブログ記事の引っ越しをしました。
お手数ですが下記のリンクよりご覧ください。
宜しくお願い致します。

引っ越し先⇓⇓
『内側側副靭帯損傷』の症状とリハビリがすごく知りたい!


改訂:2017/10/20  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年11月05日 13:46  カテゴリ:膝の痛み・トラブル

膝の守護神 『半月板』 を徹底解剖!知識がなくても簡単に分かるその正体

いつもお世話になっております。

柔YAWARA 代表 長尾です。


ブログ記事の引っ越しをしました。
お手数ですが下記のリンクよりご覧ください。
宜しくお願い致します。

引っ越し先⇓⇓
膝の中が丸見え!半月板の場所と特徴はこれで完璧だ!


改訂:2017/10/10  


Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年11月01日 15:00  カテゴリ:膝の痛み・トラブル

膝内側の痛みを解決したいならまず原因究明を!写真で解説! 3つの原因と症状



【2016/11/24改訂】

老若男女問わず膝の痛みで困っている人は山ほどいます。

膝が痛いならこれをやりなさい。あれをやると良い。と原因がわからないまま体操・ストレッチをまずやろうとする人がいる。

結果、的はずれなストレッチを行い、悪化させてしまう。



『膝内側の痛みを解決したいならまず原因究明を!』



そんな思いを込めて


こちらを御覧ください!



膝の内側の痛みで多いのはこの3つだ!


多くがこの3つの場所で膝の内側に痛みを出している人が多い。

①内側の半月板
②内側の側副靭帯
③鵞足と呼ばれる3つの筋肉



この3つの場所と痛みがでる原因、痛みが出た時の症状をご紹介する。


変形性膝関節症と診断された人でも同様な場所に痛みが生じていることが多いので必見です。



内側の半月板はここにある!




*左膝を前から見ています。

半月板とは膝のクッション材である!


半月板を痛める原因




・日常生活でも方向転換のときに膝を捻ってしまい、損傷を起こす事がある。
・スポーツなどでステップを踏んだ時に損傷を起こす事が多い。
・加齢・体重増加による半月板への負担増大



半月板の症状




*左膝を前から見ています。

・半月板を押すと痛みが出る
・膝の曲げ伸ばしの際の引っ掛かり感が生じる。
・階段降りる時に力が抜けてしまう。


●『半月板損傷と診断されたんだけど、半月板とはなに?』という疑問をお持ちの方必見です!



膝の内側の靭帯による痛み


内側の靭帯はこちら


*左膝を内側から見ています。

内側側副靭帯は膝を安定させる支柱の役割がある!


内側の靭帯を痛める原因




・足を滑らしたり、スポーツなどで急激に膝が内側にひねった時に損傷する。
・X脚の人(常に内側の靭帯に負担が加わっている為)
・加齢・体重増加による内側の靭帯への負担増大

内側の靭帯を損傷した時の症状




*左膝を内側から見ています。

・内側の靭帯を押すと痛い
・膝のぐらつき感が生じる
・膝に力が入らない
・損傷した初期は腫れや熱を持つ

●膝の内側側副靭帯について詳しく知りたい人は⇓


鵞足を酷使しすぎていないか!?






*左膝を内側から見ています。

鵞足は薄筋・縫工筋・半腱様筋という筋肉から構成されている!


鵞足を痛める原因





水泳の平泳ぎのキックやマラソンなどで膝の曲げ伸ばしを繰り返すことによって痛みが生じる。


鵞足を痛めた時の症状




*左膝を内側から見ています。

・膝の内側が腫れていて、押すと痛い。
・運動をすると膝の内側が痛くなる。
・膝を内側にひねると痛い。


●合わせて読みたい記事です!
日常生活やスポーツで膝の内側に痛みがある人は御覧ください!



まとめ



膝の内側の痛みで多い3つの原因と症状をまとめた。

・半月板
・内側の靭帯
・鵞足と呼ばれる筋肉

この3つの場所で痛みが生じる事が多い!


いかがでしたでしょうか?

膝の痛みが出たら、まずストレッチ!ではなく、痛みがどこに生じているのか原因を追求して適切なケアを行いましょう!


●岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体 柔YAWARA でケアを受けたい方はこちらから! ⇓⇓
⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)

追記(2016/12/06)


膝を改善に導く運動をご紹介した記事を書きました。

膝の痛みで苦しんで方は必見です。

ぜひご覧ください。

 

【膝の痛み解消】これは簡単!膝を回復に導く『8つ』の体操を教えます。





⇑⇑こちらの画像をクリックして頂ければリンク先へ飛びます。

  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年10月28日 18:45  カテゴリ:膝の痛み・トラブル

素人でも分かる!『膝の痛みまるわかりMAP』【実物版】



寒くなってから膝の関節が痛い。
内側が痛むんだよね。
関節がズキズキする。


でも、これってどこが痛いの?


インターネットで検索しても文字ばかりで…
絵は載っているんだけどよく分からないだよね…


そんなあなた!


安心してください。

素人でも分かる!

いや、猿でもわかるようにひと目で分かる

膝の痛んでいる場所がよく分かる『膝の痛みまるわかりMAP』

を作成しました!



理学療法士があなたの膝をどのように見えているかこれでよく分かります!



では御覧ください!


まず骨から見てみよう!


膝の模型がこちら⇓




左膝の骨の模型です。



実際の足はこちら⇓ 
(私の足です。傷だらけですみません。)



左膝の写真です。



さて、この足のどこに骨があるか分かるでしょうか?
実際に骨がどう見えているか書き込んでいきます。

理学療法士にはこのように見えています⇓





意外な場所に骨がありましたか?


次は靭帯を見てみよう!


外側の靭帯、内側の靭帯、お皿の靭帯(膝蓋靭帯)、の3つを見ていきましょう!
外側の靭帯がこちら⇓



左足を左側から見ています。


骨と並べるとこのように見えます。





内側の靭帯がこちら⇓


左足を右側から見ています。


骨と並べるとこのように見えます。





お皿の靭帯(膝蓋靭帯)がこちら⇓





骨と並べるとこのように見えます。






最後に半月板を見てみよう!


半月板は赤い所!⇓






どうですか?絵よりもわかりやすいですよね?


膝の痛んでいる場所がよく分かる『膝の痛みまるわかりMAP』の使い方


膝が痛い時はこの円の何処かに痛みが出る!⇓





基本痛みを出している場所は押すと痛いです!
そこの組織が傷んでいますからね。

なので、下の3つの写真と自分の足を見比べてみましょう!

そして押して見ましょう!

押した場所が痛かったら、そこの組織が痛んでいますよ!

正面






外側






内側





*押しても痛くないけど動かすと痛い、全体的に痛いという人は膝に水が溜まっていたり、膝の動きが正常ではない場合があるので専門家に診てもらいましょうね!

柔 YAWARAでもみることが出来るので困ったらご連絡くださいね。

まとめ


・今回は膝が痛い人のために膝の傷んでいる場所がよく分かる『膝の痛みまるわかりMAP』を作成した。

・今回は骨と靭帯、半月板に着目して作成した。


いかがでしたでしょうか?
膝の痛みでお悩みのあなたの疑問が少しでも解決できれば幸いです。

●岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体 柔YAWARA でケアを受けたい方はこちらから! ⇓⇓
⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年10月26日 18:36  カテゴリ:膝の痛み・トラブル

膝が痛いあなたへ 実は関節の軟骨は...負荷がかからなくなると薄くなる!




「最近膝がいたんだよね。」

「整形の先生に膝の関節の軟骨がすり減って、痛みをだしてるって言われた。」


など関節の軟骨に注目されている。

CMで「この商品を飲めば膝関節の軟骨が増えますよ」などと謳っているものもある。


ところで、


あなたは関節の軟骨がなんで薄くなるかご存知でしょうか?

関節の軟骨は体重をかけるけるから、すり減って薄くなるとお考えでは無いでしょうか?


実は...


違うんです!


膝が痛い方は知っておきましょう!

もちろん他の関節が痛い人も知っておいた方が良い、『関節の軟骨の常識』をお伝えします!


関節の軟骨はどこにあるの?その特徴は?




関節の軟骨は関節と言われる場所ならどこにでもあります。

肩や肘、股関節、代表的な膝などなどに。

特徴としては、体重のかからない肩や肘の関節の軟骨と比べ、体重のかかる股関節や膝は2倍近い厚さになっている


また、軟骨の表面は鳥の軟骨を見ると分かるが一般的にツルツルしているイメージがある。

だが、顕微鏡でみてみると実際は表面が粗くなっている

これは軟骨のある機能に直結している。


軟骨を例えて言うなら...水を含んだスポンジだ!




軟骨の表面には多数の小さな穴がある!

これが顕微鏡でみると表面が粗く見える要因だが、この穴には以下の機能がある!

①軟骨は体重がかかると薄くなり、関節に水を出す。


膝の関節の絵です。


②軟骨は体重がかからなくなると関節の①の水とは違う、膝の栄養となる液体を吸収する。


膝の関節の絵です。



つまり!

① ⇒ ② ⇒ ① ⇒ ② を繰り返すことで、


軟骨は

・クッションの役割

・栄養を補給する役割



を行っているのだ!


体重がかからなくなってしまったら?





どうなるか、もうわかりますよね!?

軟骨は栄養が補給できなくなるので薄くなります!
ダイエットと同じですね。


それだけではありません!


関節の中へ水を出す役割もなくなると...動きもスムーズじゃなくなります。
油の切れたおもちゃと同じです!


その為、

・痛いから体重をかけなさすぎるのはダメです!(炎症の初期は除きます)

・膝に注射でヒアルロン酸を入れて、まったく動かさなかったら効果がなくなります!

・市販の軟骨成分を経口摂取したところで無意味です!



関節がよりスムーズに動く条件は軟骨に体重をかけ、負荷をかけることです。



まとめ


・関節の軟骨は関節と言われる場所ならどこにでもある。

・軟骨は体重がかかると薄くなり、関節に水を出す。

・軟骨は体重が加わらなくなると関節の①の水とは違う、膝の栄養となる液体を吸収する。

・関節がよりスムーズに動く条件は軟骨に体負荷をかけること。

故に関節は負担がかからないと薄くなる。


膝が痛いからと言って大事にしすぎるのは人のメカニズムに反します!

身体の構造をしっかり理解して、膝の痛みを始めとした関節の痛みを予防しましょう!


●膝の痛みが気になる方必見!素人でも分かる!『膝の痛みまるわかりMAP』【実物版】この記事を見て、痛いとこを触れば痛いところが何なのかが分かる!そんな記事です。


●岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体 柔YAWARA でケアを受けたい方はこちらから! ⇓⇓
⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年04月15日 18:29  カテゴリ:膝の痛み・トラブル

【オスグット-シュラッター病】をご存知でしょうか?スポーツをされている成長期のお子様がいらっしゃる方に必見です。

春の暖かさとともに

花粉が猛威を振るい苦しんでいる方も多いようですね。

私も5月に入ると花粉の恐怖におびえる日々が始まってしまいます。。。


さて、

春は中高生の大会が多くなってくる時期ですね。


【出典】http://shijonawate-aeonmall.com/shop/detail/43



【オスグット-シュラッター病】

という症状をご存知でしょうか?


成長期のスポーツ障害として

最も頻度の高いものです。

一般的に『オスグット』と言われる

成長期に生じる膝の痛みです。





【オスグット-シュラッター病とはなにか?】

成長期のすねの骨(以下 脛骨)に生じる部分損傷です。



【出典】http://medick.biz/category/select/cid/4027

オスグット-シュラッター病の一部の例です。

【出典】関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹



【このような動きで発生しやすい】


成長期に

ボールをけることやジャンプ動作

を頻回に繰り返すスポーツに生じやすいです。


【出典】http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=121tebpte/EXP=1460798127;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVFZxdmRKdUV4czlsNzZuSWpKNjNqM1lDTmh2NmdVWG1sdi1rUHI4MlZHaVB3NnpZS0ZTNk1oelpJBHADNDRLMTQ0T0Q0NEtyNDRPOARwb3MDMjMEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-/**http://odawara-makidume.com/child/soccer150824/




【出典】http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000111.000004149.html



【このような症状が生ます】


・脛骨の上の方を押すと痛い

・深く膝を曲げると脛骨の脛骨の上の方が痛くなる

・歩行時、ランニング時、ジャンプ時など脛骨の上がの方が痛くなる。



【出典】http://www.nagasaki-sport.jp/category/1489272.html


・膝が腫れぼったくなる




【オスグットはこのように発生します】


男子では13歳前後

女子では11歳前後 にんると成長が盛んです。

その時期の

太ももの骨(以下 大腿骨)と脛骨の成長に対して

筋肉(大腿四頭筋)の長さ(伸張)が追い付かず、

大腿四頭筋が硬くなる時期があります。


【出典】関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹

成長していく柔らかい骨 + 

骨の成長に適応できずに硬くなる筋肉 +

ジャンプ動作、蹴る動作の繰り返しにより柔らかい骨に負担を加えることによって、

脛骨に微細な損傷が生じ、痛みをだしてしまいます。

これが大まかなメカニズムです。




オスグット-シュラッター病に対しては

大腿四頭筋の柔軟性改善とともに

股関節・足首の柔軟性が重要になってきます。

炎症がひどい場合やスポーツ時の痛みでお悩みの方は

我慢をされずに

当店 柔YAWARA までご相談ください!

●岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体 柔YAWARA でケアを受けたい方はこちらから! ⇓⇓
⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)


必ずお力になります。

よろしくお願い致します。


【参考文献】
関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹

  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年04月06日 14:27  カテゴリ:膝の痛み・トラブル

走ると膝の外側が痛いんです。。。 もしかしたら、腸脛靭帯炎(別名:ランナーズニー)を引き起こしているかもしれません。

最近春の陽気が漂ってきましたね!

ウォーキングから激しいスポーツまで

運動をしようと思われる方が多くなっているようです。

今回は前回ご紹介した

【最近ランニングを行ったら、膝の内側が痛くなりました。その症状、もしかしたら『鵞足炎』かもしれません。】

に引き続き、

運動時の膝の外側の痛みについて

簡単にご紹介させていただきます。


【出典】http://meikaij.com/health/hiza-itami-basho/




ラン二ング中やランニング後に

膝の外側に痛みが生じた場合、

もしかしたら

腸脛靭帯炎かもしれません!(別名:ランナーズニー)



【出典】http://coochanblog.com/392.html



【腸脛靭帯とは?】


腸脛靭帯とは

太ももの外側を覆う筋肉の膜が

厚くなった部分で

おしりの筋肉(大殿筋)と

大腿筋膜張筋という筋肉

についています。

また、すねの骨にも付着しております。



【出典】http://healthil.jp/29168


この腸脛靭帯やおしりの筋肉(大殿筋)と大腿筋膜張筋などが

硬くなると

すねの骨との摩擦が強くなり、

痛み、炎症が生じてしまいます。


写真は右ひざの外側から見たものです。
【出典】http://www.geocities.jp/junyoshida119/chiryoucyoukeizintai.html




【このような方に多いようです】

・ウォーキングやランニングなどで膝を繰り返し曲げ伸ばしすることが多い方

・おしりの筋肉や太ももの外側の筋肉が硬くなっている方


また


【このような所見があれば腸脛靭帯炎が疑われます。】

・ランニング中やランニング後に膝の外側に痛みが生じている


【出典】http://coochanblog.com/392.html


・膝の外側を押すと痛む


【出典】http://www.meikyodou.com/ballet/hiza.html


・膝の外側が腫れている感じがある


・膝の外側に熱をもっている


・膝の外側に圧迫をかけながら、膝を伸ばすと痛みが増悪する


【出典】関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹


・痛い方の脚を前に出した状態でつま先を内側に向けて、膝の曲げると痛みがひどくなる




・痛い方の脚を前に出した状態でつま先を外側に向けて、膝の曲げると痛みが緩和する





上記の症状があれば、

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)

の可能性があります。


熱を持っている感じや腫れぼったい感じがある場合は

症状が悪化する前に

当店 柔 YAWARA までご相談ください!

●岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体 柔YAWARA でケアを受けたい方はこちらから! ⇓⇓
⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)


よろしくお願い致します。


【参考文献】
関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年03月30日 16:29  カテゴリ:膝の痛み・トラブル

What's 鵞足炎?バスケやサッカーで膝の内側が痛い理由はこれだ!

いつもお世話になっております。

柔YAWARA 代表 長尾です。


ブログ記事の引っ越しをしました。
お手数ですが下記のリンクよりご覧ください。
宜しくお願い致します。

引っ越し先⇓⇓
「鵞足炎」かも!?ランニングすると膝の内側が痛みます!


改訂:2017/10/18  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(2)

2016年03月23日 17:13  カテゴリ:膝の痛み・トラブル

変形性膝関節症という症状を聞いたことがあるでしょうか?

変形性膝関節症という症状を聞いたことがあるでしょうか?



【出典】http://www.hiza-proteo.com/54.html


患者数は国内に約700万人とありふれた病気です。

初期の症状としては

階段の昇降や歩き初めに痛みが生じ、しゃがむことや正座がつらくなります。

症状の進行により

起床時の膝のこわばりや膝が曲がりづらくなったり、

痛みによって歩行が困難になります。



この変形性膝関節症は以下の5つの分類に分けられます。


【出典】http://www.jinko-kansetsu.com/ask/58/index.html


grade4,5に関しては人工関節の手術が適応になってしまいます。


各動作での痛みは以下の原因が考えられます。

~階段昇降時の痛み~


【出典】http://peoples-free.com/18-relax/172-relax.html

膝のお皿(以下膝蓋骨)と太ももの骨(以下大腿骨)との関節(膝蓋大腿関節)が由来と考えられます。


【出典】https://www.shinq-compass.jp/salon/column/857/878/


比較的変形性膝関節症の低いgradeで多いそうです。



【出典】http://www.jinko-kansetsu.com/ask/58/index.html



~歩行時の痛み~


【出典】http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=125pjmd2i/EXP=1458806410;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUWRRRzdodlJOdVIyM09GbXg5RmRRMDFuLUNMd0RlY2NMUGtscVkwWDg4d3YwMTlKZVBveUFJQ29lZgRwAzVxMnA0NEdQSUEtLQRwb3MDMQRzZWMDc2h3BHNsawNycg--/**http://www.fivestar-corporation.co.jp/archives/5112


大腿骨と脛の骨(脛骨)との関節(大腿脛骨関節)が由来と考えられています。


【出典】https://www.shinq-compass.jp/salon/column/857/878/


比較的変形性膝関節症の高いgradeで多いそうです。



【出典】http://www.jinko-kansetsu.com/ask/58/index.html



その他の膝の情報に関しては

【お膝が痛い!軟骨がすり減っているから??】

ご参照ください。


この変形性膝関節症という病気は

生活習慣が起因する場合が多いです。

適度な運動や食事の管理、

特にお身体のケアで十分予防が可能な病気です。

人生80年の時代

高齢になってから、痛みで苦しむか

高齢になっても、元気で歩いて生活できるかは

今にかかっています!

健康で長生きするためにも

今からお身体に目を向けて、

しっかりケアを行いましょう!!

お膝のトラブルでお悩みの方は是非当店 柔 YAWARA までご相談ください!


●岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体 柔YAWARA でケアを受けたい方はこちらから! ⇓⇓
⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)


よろしくお願い致します。  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年03月15日 18:00  カテゴリ:膝の痛み・トラブルカテゴリ:足の痛み・トラブルカテゴリ:股関節の痛み・トラブル

膝は股関節と足の影響を受けるのです!~O脚も股関節と足の影響を受けています~

O脚シリーズ第5弾!!

膝は股関節と足の影響を受けるのです!~O脚も股関節と足の影響を受けています~


どういうことなのか?

疑問に思うかもしれませんが、

簡単に説明していこうと思います。



突然ですが、

皆さま、

立たれている状態で

膝だけを曲げてください。




どうでしょうか?

このように曲げていないでしょうか?





これは

実は

股関節も足首も曲がっています。






立っている状態で

膝を曲げる。

というのはこのような状態です。






できたらすごいです!

たいていの方はできないと思います。



このように

足が地面に接地している限り(立ったり、歩いたり、階段を昇ったりする時)

膝は

股関節と足の

影響を受けます。




O脚の方は主に2つのことが考えられます。


①膝自体がO脚の方

②股関節、足の影響によってO脚になっている方


①膝自体がO脚の方

怪我や幼少期の骨の異常、加齢による膝の骨の変形により

O脚を呈しているのかもしれません。





【出典】http://www.spacelan.ne.jp/~tkct/lesion01.htm



②股関節、足の影響によってO脚になっている方


今回のテーマです。


一般的に

股関節の筋肉、

特に大殿筋という筋肉が硬くなると

膝が外にむきやすくなります。






【出典】http://cyou-kenko.com/cyou/1054/
後ろから見た大殿筋です

大殿筋という筋肉が縮むと

膝を外にむける作用もあるためです。






また


足の外側に体重をかけている方も

膝が外側にむきやすくなります。






股関節と足の影響をあわせると

このようになります。




どうでしょうか?


もっと小難しい話があるのですが、

簡単にまとめると上記のようになります。




膝は股関節と足の影響を受けています!



あなたのO脚の原因は


①膝自体がO脚なのか?

②股関節、足の影響からくるO脚なのか?


しっかり判断してもらってはいかがでしょうか?


その他の

O脚シリーズはこちらから⇓⇓

O脚シリーズ第1弾
なぜ日本人にO脚が多いのか!? それは骨盤に秘密があります!

O脚シリーズ第2弾
男性より女性にO脚が多いのはご存知でしょうか?

O脚シリーズ第3弾
骨から考えるO脚 ~やはり体重は増えすぎてはいけないんです!~

O脚シリーズ第4弾
生まれた時みんなO脚だった!

よろしくお願い致します。

●岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体 柔YAWARA でケアを受けたい方はこちらから! ⇓⇓
⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)