2016年06月15日 17:00  カテゴリ:股関節の痛み・トラブル

かたい股関節をほどけ④~股関節の動きを良くしたいなら無理やり股割りをしてはいけない~

今回のテーマは

【股関節の可動性を良くしたいなら無理やり股割りをしてはいけない】

です。


とても可動性と安定性に優れた股関節


【出典】http://tabi-labo.com/196257/kaikyaku-stretch/

股関節の周りにも肩甲骨同様たくさんの筋肉がついています。

詳しくはこちらをクリックお願い致します。
【かたい股関節をほどけ!①~股関節の基礎知識~】


相撲取りは怪我をしないように股割りを行うと言われています。


【出典】http://blog.livedoor.jp/farm_an/archives/2014-08.html?p=2


体操選手も美しく見せるため、股関節は柔らかいです。


【出典】https://welq.jp/13393


しかし


『股関節が硬いので

柔軟性を高めるため、

無理やり股割りをしましょう!』




やってはいけません。




硬い股関節はなにかしらの原因で
動かなくなっています。


スポーツ選手や股関節が柔らかい方は
日頃から動かしているので股割りなどの柔軟な動きが出来ます。


日頃十分に股関節を動かしていない一般の方が

無理に股を割るという行為は

股関節をより固くしてしまうだけでなく、痛みを助長させる恐れがあるからです。


人間は痛みが生じると、防御的に筋肉を硬くします。


無理に股割りをする ⇒ 痛みが出る ⇒ 硬くなる ⇒ 股関節が動かなくなる ⇒ もっと無理に股割りをする ⇒ 痛みがでる ⇒ 以下同文


以上のような流れとなります。


柔軟性を出すためには

無理に股を割るのではなく、

股関節の構造に適合した動きを出していくのがベストです。

股関節の構造はこのようになっています。


【出典】http://ginzaplus.com/jp/symptoms/


当店で行っている関節の動きをスムーズにする実例をご紹介しておきます。

動きの変化と動かす時のスムーズさを見て頂ければ幸いです。

【股関節の動き改善動画①】



【股関節の動き改善動画②】




柔軟性をだすのなら無理やり動かすのではなく、
股関節の構造に合わせて整えて柔らかくしていきましょう!



股関節の柔軟性を出したい方は是非当店 柔 YAWARA までご相談ください!

⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)

よろしくお願い致します。  


Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年05月26日 16:50  カテゴリ:股関節の痛み・トラブル

かたい股関節をほどけ!③ ~変形性股関節症をご存知ですか?~

いつもお世話になっております。

身体と心に柔らかさをご提供する柔 YAWARAです。


本日のテーマは

【変形性股関節症】

です!



【出典】http://feeel.net/?p=1044


皆様、変形性股関節症という言葉を耳にされたことはありますでしょうか?


【変形性股関節症とは?】
人は日常生活を行う上で重力や歩くときの衝撃などのさまざまな物理的な刺激を受けています。

その刺激によって股関節の軟骨が摩耗したりすることで股関節の骨が多様に変形してしまいます。
このような疾患を変形性股関節症といいます。



【出典】http://www.kansetsu-itai.com/doctor/doc066.php


変形性股関節症は股関節の隙間の状態で以下のように進行状態が分けられています。

 
①前股関節症
股関節の骨の形の異常は見られるが隙間が狭くなったり、変形などは見られない状態。


【出典】関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹


②初期股関節症
股関節の隙間が狭くなっている状態。


【出典】関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹


③進行期股関節症
股関節の隙間がさらに狭くなり、変形が見られる状態。


【出典】関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹

④末期股関節症
関節の隙間がなくなり、骨が変形してしまっている状態。


【出典】関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹

股関節の基礎知識について気になる方ははこちらから

【かたい股関節をほどけ!① 股関節基礎知識編】



【どのような方に多いのか?】
男性より女性の方が4~5倍多いという特徴があります。

理由としては
女性のほうが関節が柔らかい、筋力が少ない。

男性よりも骨盤の幅がひろいため、股関節にかかる負担が大きい。

女性に先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全などの症状が多く見られる。
からです。


【要因は一次性と二次性があります】
一次性とは加齢にともなって生じる変形のことです。
明らかな原因がないものです。

二次性とは先天性股関節脱臼*1や臼蓋形成不全*2などによって続発する変形のことです。

*1:先天性股関節脱臼は赤ちゃん1000人に1~3人の割合で発症する足の付根の関節(股関節)が外れてしまう病気です。


【出典】http://www.fcho.jp/childhp/ikyoku/orthopedics/GENKO7.html

*2:臼蓋形成不全とは大腿骨を支える受け皿(骨盤にあるくぼみ)である臼蓋の形状が不完全であるため、大腿骨と臼蓋がうまく咬み合っていない状態のことです。発育段階で生じます。


【出典】http://www.kansetsu-itai.com/doctor/doc098.php

日本では二次性の変形性股関節症が多いです。

ちなみに欧米では一次性の変形性股関節症が多いそうです。

またFAI(大腿骨寛骨臼のはさみこみ)という症状も一つの要因であるとも言われています。

FAIについてはこちらから

【股関節をほどけ② FAIを聞いたことがありますか?】



【変形性股関節症なってしまうとどうなるか?】

起き上がり、立ち上がり、歩き始めに股関節の付け根や太ももの前側、横側が痛くなることから始まります。


【出典】http://kokansetu.doctorwhite.net/entry3.html

進行してくると車の乗り降りや階段昇降、歩き、しゃがみ込みなどの日常生活に支障をきたしてきます。


【出典】http://偃武修文な日々.jp/kokansetu-itami-byouin-seitai-zyosei-geiin

重症化すると、何もしてなくても痛みがでたり、動かすたびにポキポキ股関節がなるようになります。


【ひどくなると手術が必要になってきます】
変形性股関節症の初期段階で、痛みや変形が軽度の場合は保存療法(筋肉や関節のケア)で対処されます。

痛みや変形がひどく、日常生活に支障が出るような場合は、手術が必要な場合が生じできます。



【変形する前に予防する事が大切】
前述したと通り、人は日常生活を行う上で重力や歩くときの衝撃などのさまざまな物理的な刺激を受けています。

その蓄積が変形となって現れてしまいます。

痛みは身体の警告サインです。

痛みを我慢し続けた結果、変形がひどくなったケースもあるそうです。

人生80年と言われるようになった昨今、筋肉や関節をいい状態に保ち、長持ちさせることも重要です。


【出典】http://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_DokujoStyle_38406/

最近股関節の調子が悪いと気になる方は是非当店までご相談くださいませ。

⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)

よろしくお願い致します。
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年05月19日 15:07  カテゴリ:股関節の痛み・トラブル

股関節をほどけ!② 足を曲げると股関節の前方が詰まる感じがありませんか?~FAIを聞いたことありますか?

いつもお世話になっております。
心と身体にしなやかさをご提供する 柔 YAWARA です。

今回は
『股関節の前方の詰まり』
テーマです。


【出典】https://welq.jp/13393


病院へ行くと『FAI』という診断がつくかもしれません。


FAIとは?

F・・・femoro 【太ももの骨(以下大腿骨)】
A・・・acetabular【股関節の骨(以下寛骨臼)】
I・・・impingement【はさみこみ】

大腿骨寛骨臼のはさみこみ と訳せます。


イメージがつきづらいと思いますので、図を載せます。

・femoro (大腿骨)(赤丸)


左足の写真です。


・acetabular(寛骨臼)


【出典】http://www.kansetsu-itai.com/about/hip/hip002.php
左の股関節の写真です


・impingement(はさみこみ)


イメージとしてはドアで手を挟むのと同じです。




模型で表すと寛骨臼と大腿骨がぶつかるイメージです。


左の股関節を曲げた時、挟み込まれている様子です。


もっとわかりやすい動画がYOUTUBEにありました。
ご参照ください。




挟み込み方も色々あるようです。
難しくなるため、今回は割愛させていただきます。


また、寛骨臼には
軟骨がついています。


【出典】http://kansetsu-life.com/comm_dict_pro/result.html?l=蟇幃ェィ閾シ
左の股関節の写真です。

それが挟み込まれると、
損傷を招き、痛みを出します。

それを繰り返すうちに徐々に股関節が変形をしてしまいます。


【出典】http://www.kansetsu-itai.com/doctor/doc066.php
右の股関節の写真です。



FAI(大腿骨寛骨臼のはさみこみ)が生じてしまう原因
多くが股関節周りの筋肉が固くなったり、
関節自体の機能が悪くなることで
本来の股関節の動きが損なわれ発生してしまいます。

また股関節を深く曲げる動作を繰り返す方にも多いようです。


身体の中心にある股関節、
重大な問題が生じる前に柔軟性を保つようケアをしましょう!

股関節の前方の詰まりが気になる方は是非当店にご相談くださいませ。

⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)

よろしくお願い致します。
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年05月13日 15:03  カテゴリ:股関節の痛み・トラブル

かたい股関節をほどけ!① ~股関節の基礎知識編~

いつもお世話になっております。
心と身体にしなやかさをご提供する 柔 YAWARA です。

今回のテーマは

『股関節』

です。




【出典】https://locari.jp/posts/35814



この股関節は上半身の体重を支えたり、
歩行時、走行時の安定性を提供する非常に大切な関節です。


《股関節はこのような構造をしています》
*詳しい部位の説明はわかりづらくなるため、省略させていただきます。


・前から見た股関節の骨


【出典】http://ginzaplus.com/jp/symptoms/



・前から見た股関節の靭帯



【出典】http://d.hatena.ne.jp/bodywise/20141128/1417184698



・前から見た股関節の筋肉


【出典】http://ginzaplus.com/jp/symptoms/


図の通り、
人間の股関節は複雑な構造をしております。


《股関節にはどのような機能や役割があるのでしょうか?》
簡単に説明すると大きく2つの役割があります。

①上半身の重さ(内蔵などを含む)を支えるなど身体の安定性を提供する役割

②様々な動作(あぐら、歩行、走行、しゃがみ込み、階段昇降など)を行うための大きな可動性を提供する役割

です。


もし身体に大きな影響を与える股関節の機能が低下してしまうとどのようなことが起きるでしょうか?


《股関節が固くなり動かなくなったら...》


・歩行


【出典】http://www.fivestar-corporation.co.jp/archives/5112

・車の運転


【出典】http://kozozo.net/illust/koushin.html

・物の上げ下げ


【出典】http://www.icfillustration.com/icfil_jpn/d/d43.html

・階段昇降


【出典】https://pixta.jp/tags/登る%20階段%203DCG%20アブストラクト?search_type=2

などを含む幅広い動作が制限されてしまいます。


わかりやすいのが前屈です。


股関節がしっかり動く場合は



このような感じになりますが

動かなくなると



全くできなくなります。

その事によって首や腰の負担が大きくなるので腰痛や肩こりなどの原因にもなります。

これに関しては以前のブログ
【全身の関節が動けば、もっとスムーズに動作が行えるのに。】
でも説明しておりますのでご参考までに。


《股関節の硬さをほどきましょう!!》

上記のように股関節の硬さは様々なトラブルを招きます。

そのため、股関節の柔軟性を保つことは非常に大切です。

気づかないうちに股関節は硬くなっておりますのでご注意ください。

股関節のトラブルでお悩みの方は是非当店 柔 YAWARAまでご相談ください!

⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)

よろしくお願いいたします。
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年03月15日 18:00  カテゴリ:膝の痛み・トラブルカテゴリ:足の痛み・トラブルカテゴリ:股関節の痛み・トラブル

膝は股関節と足の影響を受けるのです!~O脚も股関節と足の影響を受けています~

O脚シリーズ第5弾!!

膝は股関節と足の影響を受けるのです!~O脚も股関節と足の影響を受けています~


どういうことなのか?

疑問に思うかもしれませんが、

簡単に説明していこうと思います。



突然ですが、

皆さま、

立たれている状態で

膝だけを曲げてください。




どうでしょうか?

このように曲げていないでしょうか?





これは

実は

股関節も足首も曲がっています。






立っている状態で

膝を曲げる。

というのはこのような状態です。






できたらすごいです!

たいていの方はできないと思います。



このように

足が地面に接地している限り(立ったり、歩いたり、階段を昇ったりする時)

膝は

股関節と足の

影響を受けます。




O脚の方は主に2つのことが考えられます。


①膝自体がO脚の方

②股関節、足の影響によってO脚になっている方


①膝自体がO脚の方

怪我や幼少期の骨の異常、加齢による膝の骨の変形により

O脚を呈しているのかもしれません。





【出典】http://www.spacelan.ne.jp/~tkct/lesion01.htm



②股関節、足の影響によってO脚になっている方


今回のテーマです。


一般的に

股関節の筋肉、

特に大殿筋という筋肉が硬くなると

膝が外にむきやすくなります。






【出典】http://cyou-kenko.com/cyou/1054/
後ろから見た大殿筋です

大殿筋という筋肉が縮むと

膝を外にむける作用もあるためです。






また


足の外側に体重をかけている方も

膝が外側にむきやすくなります。






股関節と足の影響をあわせると

このようになります。




どうでしょうか?


もっと小難しい話があるのですが、

簡単にまとめると上記のようになります。




膝は股関節と足の影響を受けています!



あなたのO脚の原因は


①膝自体がO脚なのか?

②股関節、足の影響からくるO脚なのか?


しっかり判断してもらってはいかがでしょうか?


その他の

O脚シリーズはこちらから⇓⇓

O脚シリーズ第1弾
なぜ日本人にO脚が多いのか!? それは骨盤に秘密があります!

O脚シリーズ第2弾
男性より女性にO脚が多いのはご存知でしょうか?

O脚シリーズ第3弾
骨から考えるO脚 ~やはり体重は増えすぎてはいけないんです!~

O脚シリーズ第4弾
生まれた時みんなO脚だった!

よろしくお願い致します。

●岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体 柔YAWARA でケアを受けたい方はこちらから! ⇓⇓
⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年03月14日 13:32  カテゴリ:膝の痛み・トラブルカテゴリ:股関節の痛み・トラブル

生まれた時みんなO脚だった!

生まれたときはみんなO脚だった!



【出典】http://babys.jp/begin/karada/baby/baby_011.php

子育てをされている方、された方はご存知かもしれません。

赤ん坊の頃はみんなO脚なんです。


成長する過程にてだんだん足がまっすぐになっていきます。

まっすぐと言っても、

経度のX脚ですが。。



下の図をご参照ください。

右足を正面から見た図です。


【出典】http://hospital.eisei.or.jp/medicalsupport/radiology/action/index.html




図で分かるように

太ももの骨が少し外側に倒れて、

軽いX脚になっています。

通常このような形に成長するとのことです。




なぜ新生児がO脚を呈しているのか?


筋力がないから?

骨ができていないから?


身体の構造に着目して

簡単に説明していきます。



まず着目しないといけないのは

膝ではなく

『股関節』

です。


太ももの骨【以下大腿骨】に

着目してみましょう!!



下の図が右の大腿骨を正面から見たものです。


【出典】http://www.weblio.jp/content/大腿骨


特に着目してほしいのが

赤丸の角度がついているところです。



大腿骨の頸部と言われる部分です



この角度が

赤ちゃんの頃のO脚の要因の一つと考えられます。



大腿骨の頸部の角度の角度を

『頚体角』

といいます。



赤ちゃんの時、成人の時、高齢者になると

どのようにこの大腿骨の頸部の角度(頚体角)が

変わるのか?




下の図をご参照ください。


【出典】http://kappanochi.exblog.jp/16992841




新生児は成人と比べると

大腿骨の頸部の角度(頚体角)が

大きいことがわかります。


また


大腿骨の頸部の角度(頚体角)によって

名称がちがいます。

下の図をご参照ください。



【出典】http://physitheraresearch.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html



上記から

新生児は【外反股】

高齢の方は【内反股】

傾向のようです。

あくまで参考までに



では、


この股関節(大腿骨の頸部の角度)が

なぜ膝に影響するか説明いたします。
*小難しいことを書くとわかりづらくなるので非常に簡単に説明いたしますのでご了承ください。


外反股・内反股の軸を整えると下の図のようになります。




なんとなく想像できるでしょうか?

左側の図が新生児です。


新生児は

大腿骨の頸部の角度(頚体角)の関係で

最初から大腿骨が外側にむきやすいと考えられます。

そのため、

下の図のように

新生児はO脚なんです。






しかし、

安心してください。

赤ちゃんは

成長に伴い

体重が股関節にかかってきたり、

歩き出すことによって

筋肉が骨を引っ張る力が発生し、

自然と

成人と同様な

大腿骨の頸部の角度(頚体角)に近づいていきます。

それに伴い

O脚も改善され、軽度のX脚になっていきます。



わたしが

学生時代

神奈川県の股関節が有名な病院へ研修で行っていたとき、

このようなことを言われました。


『患者様の背景を知りなさい』
と。


患者様の生活様式、

患者様の成長過程でのトラブル

など

すべてリハビリに関わってくることだと言われました。


今現在O脚で悩んでいる方

今の生活様式はどのような感じですか?

成長過程で怪我などのトラブルはありませんでしたか?


改善していくO脚

構造的に改善が難しいO脚


色々なO脚があるので

自分の背景に注目してみてはいかがでしょうか?


最後まで読んでいただきありがとうございました。

●岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体 柔YAWARA でケアを受けたい方はこちらから! ⇓⇓
⇒柔YAWARAにケアを相談する(予約方法へ飛びます)
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2015年12月25日 17:04  カテゴリ:肩こり・四十肩・五十肩カテゴリ:頸の痛み・トラブルカテゴリ:膝の痛み・トラブルカテゴリ:股関節の痛み・トラブルカテゴリ:腰痛・腰のトラブル

お天気と関節痛について

こんばんは!

柔 YAWARA 代表長尾です^_^


お天気が悪くなると古傷がうずく。
関節が痛くなる

など



訴えられる方がいます。




それはなぜか?
簡単に説明していきます。


関節の中には滑液という液体が含まれています。

【出典】http://health.goo.ne.jp/medical/body/jin006


滑液は人間のお膝の中で

だいたい0.13~3.5ml含まれているそうです。

風船に水が入っている状態を考えるとわかりやすいです。

つまり、

お膝には常に圧がかかっている状態です。


また関節を取り巻く袋である関節包には

多くの受容器(センサーみたいなもの)があります。

数あるセンサーの中で関節内の圧や外気圧との変化を感知するものがあります。

怪我などで関節にトラブルが生じていると

天気が悪くなったとき(気圧が変化した時)にそのセンサーが反応して

関節がズキズキしたり、重くなったりするそうです。


その他にも関節には色々機能があります。

人間の関節は極めてデリケートに作られているようです!


怪我をした後の関節のケアーはやはり大切です!  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2015年12月19日 11:44  カテゴリ:股関節の痛み・トラブルカテゴリ:腰痛・腰のトラブル

坐骨神経痛を訴える方が増えてきました!

こんにちは!

柔 YAWARA 代表 長尾です^ ^


最近寒さが強くなってきたためか、ぎっくり腰の方だけでなく、
坐骨神経痛を訴えるお客様が増えてきました。


坐骨神経痛とは?

病名ではなく、症状の名称です。
坐骨神経の領域に痛みやしびれ、違和感が生じることを坐骨神経痛と呼ばれます。
主に腰から臀部~下肢に症状が現れるそうです。

この領域に出やすいそうです。


【出典】http://www.lumbar.jp/zakotushinkeitu.htm


~坐骨神経の図~


【出典】http://healthil.jp/14044




原因は?

腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などが原因で
症状が起きるといわれています。


~梨状筋の図~



【出典】http://www.himespo.com/zakotu.html





坐骨神経痛だ!とおっしゃるお客様のほとんどは

確かに梨状筋の筋緊張が高いです。
それに加え腰にもトラブルを持っている方が多いです。
さらに痛みを出している股関節の筋出力が低下しているケースをよく目にします。


腰・股関節の動きを良くし、
股関節の筋出力を改善する操作を加えると症状が軽減する方が多いです。



もちろん痛みの症状が強い場合は症状軽減に時間を要しますが ・・・


腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などは一要因であって、
多くはほかに原因があるのではと感じます。



腰~両下肢にかけての痛み、しびれ、違和感などの症状がある方は
なにかしらのトラブルが身体に生じているはずです。
早期にしっかり検査してくれる専門機関に見てもらうことをお勧めします。

よろしくお願いします。


【参考】
http://toutsu.jp/pain/zakotsu.html
http://www.lumbar.jp/zakotushinkeitu.htm
  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2015年11月25日 21:00  カテゴリ:股関節の痛み・トラブル

岡崎在住 E様 × 股関節のケア・整体 ソックスエイドが好評です^_^

こんばんは!

柔 YAWARA 代表 長尾です( ´ ▽ ` )ノ

股関節の曲がりが悪いために、靴下を履くのに苦労をされているE様にソックスエイドを作成しました!

ソックスエイドについてはこちらの記事をご覧ください!

ソックスエイドってご存知ですか?


いがいに股関節の痛みを訴える方が多いです!

曲げると痛む

曲げても、全然動かない

歩く時に痛い、立ち上がると痛い


などの訴えをされます!


特に股関節に可動域制限がある方は靴下が履きづらいそうです!(ノ_<)


そんな時はこれです!



下敷きと靴紐で作るソックスエイドです!

これを使うと靴下が履きやすくなります!

E様に実際に使っていただきました!









靴下が履きやすくなったそうです( ´ ▽ ` )ノ‼︎


想像以上に好評でした!


色々な股関節のトラブルで痛みが生じ苦しむ方がいます!


1つ1つ問題解決していくことが大切になってきます!


今回はその1つのツールとしてソックスエイドを使わせてもらいました!^_^


なんとかソックスエイドを使わなくても靴下が履きやすくなるように、股関節の状態を良くしていきたいと思います!


E様ブログにご協力ありがとうございました!







  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2015年10月23日 19:54  カテゴリ:変形性股関節症と診断されたお客様カテゴリ:股関節の痛み・トラブル

ソックスエイドってご存知ですか? 岡崎市在住B様 × 股関節の痛みに対するアプローチ

こんばんは!
柔 YAWARA 代表 長尾です^_^
6月には65Kgあった体重が59Kgになりました!
しぼれてきました( ̄^ ̄)ゞ
余談です笑


ソックスエイドってご存知ですか?

一般の方は聞きなれない言葉だと思います。

ソックスエイドは股関節が悪く曲がらない方や膝が曲がらない方の為にくつ下を履きやすくする為の自助具です( ´ ▽ ` )ノ


お客様に病院で『変形性股関節』と診断されて当店に通われている方がいます。


その方は股関節が曲がりづらいです。

どのくらいかというと

一般の方でしたらこのぐらい曲がるのに対して


お客様はだいたいこのぐらいです。




一般の方と比べ半分の可動域しかないのです!

想像してください!

この範囲しか動かない。

それ以上動かすと痛みが増悪してしまうという事を!

非常辛いです。

日常生活に支障がかなりでます。

現に『靴下が履きづらい』という訴えもあります。


なので、


作りました‼︎


ソックスエイドを( ̄^ ̄)ゞ


市販で買うと2〜3000円してしまいます。


しかし、手作りだと200円前後でできます‼︎


材料はこちら!



下敷き





ひも




ネットでダウンロードしたソックスエイドの型紙




です!


下敷きを切って





ひもを通せば






完成です( ̄^ ̄)ゞ



実際にお客様のB様に使っていただきました( ´ ▽ ` )ノ








こんなのがあったんだ〜!靴下が楽に履けるとのことでお喜びの様子でした!^_^


これで日常生活での痛みが減れば、幸いです!


もちろん股関節の可動域を拡大するなどの課題は山積ですが、頑張っていこうと思います‼︎

今後もよろしくお願い致します!




  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)