2016年02月26日 11:00  カテゴリ:ボディケア・整体カテゴリ:肩こり・四十肩・五十肩

四十肩・五十肩がなかなか治れらない方へ もしかして糖尿病をお持ちではありませんか?

四十肩・五十肩がなかなか治れらない方へ

もしかして糖尿病をお持ちではありませんか?




【出典】http://www.kyowa-kirin.co.jp/diabetes/about/


糖尿病とは?

糖尿病とはインスリンというホルモンの作用が低下し、体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されずに、血液中のブトウ糖(血糖)が多くなっている状態です。


糖尿病になると?

簡単に説明すると

様々な合併症を引き起こします。

主に【細い血管の病気】【太い血管の病気】です。


3代合併症といわれる【細い血管の病気】


・視力障害の引き金になる糖尿病性網膜症


【出典】http://www.me-kaiteki.com/eye-trouble/retinopathia-diabetic/

・腎臓の機能が低下する糖尿病性腎症


【出典】http://www.dm-net.co.jp/seminar/14/

・手足のしびれや痛みを引き起こす糖尿病性神経障害


【出典】http://www.dr-nagai-clinic.com/tonyo/nyumon/body4.html

【太い血管の病気】

・脳梗塞

・狭心症、心筋梗塞

・太い血管に血液が流れにくくなり、休みながらでないと歩けなくなったり、足が壊疽してしまう閉塞性動脈硬化症



様々な合併症を引き起こす糖尿病と四十肩・五十肩には関係性があるとの報告があります。


Bridgmanによると

糖尿病患者と非糖尿病患者を比較すると

糖尿病患者の方が四十肩・五十肩になる確率が高く、

両方の肩に生じる確率が高いそうです。


【糖尿病患者の肩の痛み】 熊谷純らの研究によると

肩の痛みの頻度は

食事療法のみされている群で最も低く

薬物療法やインスリン療法など糖尿病の程度が高い群では多くなる。

また

眼底所見についても

糖尿病性網膜症の高度な方は

肩の痛みの頻度が高くなる傾向であるとのことです。



肩が痛むからと言って、

一概に肩の問題だけではないようです。



【出典】http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/105.html




糖尿病をお持ちで

四十肩・五十肩の治療をされているのに

なかなか治れらない方は

糖尿病の治療をしっかりおこない

血糖値のコントロールも心がけましょう!  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年02月17日 16:00  カテゴリ:ボディケア・整体カテゴリ:肩こり・四十肩・五十肩カテゴリ:頸の痛み・トラブル

全肩こり・首こりにお悩みの方に捧ぐ!めっちゃ簡単な『剥がれる肩甲骨』づくりのやり方




『引っ張ったり、伸ばしたりしても、なかなか肩こりの症状が改善しないだよ!』という方はいないでしょうか?



その引っ張ったり、伸ばしたりするストレッチが症状を悪化させているとしたらどうですか?

(関連記事はこちらから見てくださいね!腰の記事ですが肩にも共通する事があります ⇒ ストレッチ・牽引療法はあぶない!』 )



日本の全肩こり・首こりにお悩みの方に捧げます!


剥がれる肩甲骨を作って、悩みを解消しましょう!!


その前にこの記事を読んでくださいね!⇓

肩甲骨は『はがす』ものではない!『はがれる』ものです!



ある場所をしっかり動かすと

肩甲骨の内側の筋肉が柔らかくなり、

肩甲骨も自然とはがれるとという内容です。



その部分が

『肋骨と背骨の関節』と上記の記事でお伝えしました。



簡単に言えば、



『肋骨の動きを良くしましょう!』ってことですね。



【出典】ネッター解剖学アトラス(原書第4版) 著者 Frank H Netter 訳者相磯貞和 発行所 エルゼビア・ジャパン株式会社 発売元 株式会社 南江堂 図185




皆さん
一度手を胸に当ててみましょう!

そして息を大きく吸いましょう!!

胸が膨らみますよね?





息を吐くと元に戻りますよね!?

これが『肋骨の動き』なんです!


肋骨は

息を吸ったり、吐いたりする際に動きます。


奇しくも肩甲骨がはがれない人の多くは

呼吸が浅く、この肋骨が動いていない人が多いのです。


なぜ肋骨が動かなくなるのか…

それは昔と比べ、デスクワークが多くなり、乗り物が発達し、スマホなどを見ることによって動かなくなってきているのが原因の一つです。






つまり、肩こり・首コリは現代病の1つですね!



さて前置きが長くなりましたが、

早速

めっちゃ簡単な『剥がれる肩甲骨』づくりのやり方をご紹介していきます!

それではどうぞ!!⇓⇓





その前に



まず体操の効果を確かめるため、

後ろに手を回す動作で
手が背中のどの位置にあるか確かめて、体操前後の比較をしていきましょう!!





めっちゃ簡単な『剥がれる肩甲骨』づくりのやり方



1.反りながら体を左右にひねる体操

①手を前で交差してくみます。




②体を軽く反りながら左にひねります


*赤丸の背中(肩甲骨の内側)が動くのを意識して行います


③体を軽く反りながら右にひねります


*赤丸の背中(肩甲骨の内側)が動くのを意識して行います



2.バンザイから肩甲骨をよせる体操
①可能な限りバンザイをしていただきます




②肩甲骨をよせながら、腕を体の横の位置におろします。




この時も肩甲骨の内側を意識して動かします。
こんな感じですね⇓




3.体を丸めながら前ならえ姿勢から肩甲骨をよせる体操


*肩甲骨をよせるときは背中(肩甲骨の内側)が動くのを意識して行います


1.~3.を各10回ずつ

しっかり行うと

肋骨動きが改善し、肩甲骨周りの筋肉が柔らかくなりますよ!

最後に効果測定をしましょう!
手を後ろに回してみてください。





どうですか?変わりましたか?



体操後の前後比較です⇑



個人差はありますが、

肋骨の動きが良くなり肩甲骨がはがれやすくなると、肩の可動範囲も改善します。



肩甲骨の動きが改善されれば、肩まわりの負担が減るので肩こり・首こり解消の第1歩となります!

ぜひお試しください!


何が肩こりなの?何が四十肩なの?そんな疑問をお持ちのあなたはこちらをお読みください⇓



肩にトラブルを抱えているあなたへ! 『肩こり、四十肩の比較まとめ』 知っておくべき7つの違い





どうしても改善しない首こり・肩こりは当店 柔 YAWAR までご相談くださいね。

首こり・肩こりでお困りのあなたの強い味方になりたいと思っております!


こちらも合わせて御覧ください。

  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年02月17日 11:58  カテゴリ:プライベート

駒ヶ根へいちご狩り!

休日を利用していちご狩りに行きました!




長野名物のソースかつ丼と信州そばと





天丼をいただき




いちご狩りへ向かいました!





見渡す限りのいちごに





手のひらサイズのいちご





元を取ろうといちごを36個も。。。







いちごが美味しく実っていますので、是非行ってみてはいかがでしょうか?  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年02月13日 15:00  カテゴリ:ボディケア・整体カテゴリ:肩こり・四十肩・五十肩カテゴリ:頸の痛み・トラブル

肩甲骨は『剥がす』ものではない!『剥がれる』ものです!



最近メディアで『肩甲骨剥がし』がよく取り上げられていますね!

『肩甲骨』を『剥がそう』と一生懸命になりすぎて、
力いっぱい伸ばしすぎたり、引っ張りすぎたりしている方が多いようですね。


ここだけの話


実は『肩甲骨』は自然に『剥がれる』んです。

今回の記事でそれをお伝えしたいと思います!


それでは肩甲骨周りの構造からどうぞ!!


首こり・肩こりに関わる深く関わる肩甲骨の構造を知ろう!


まず肩甲骨がこちらになります⇓



後ろから見た肩甲骨の写真です。



肩甲骨にはたくさんの筋肉がついています。
それがこちらになります!⇓



【出典】ネッター解剖学アトラス(原書第4版) 著者 Frank H Netter 訳者相磯貞和 発行所 エルゼビア・ジャパン株式会社 発売元 株式会社 南江堂 図424


凝り固まった肩甲骨を無理やり剥がしてもいいの?



肩甲骨周りの筋肉が固まってしまうと肩甲骨が動かなくなるのは間違いないです。


しかし、よく考えてみましょう!!


なにかしらの原因で肩甲骨についている筋肉が凝り固まってしまい

剥れないようになっているんですよ?


『筋肉が固まって動かないから肩甲骨を無理やりはがしましょう!』は本当に良い事なのでしょうか?



無理やりはがすということは実はものすごく痛いのでは?



実際のところものすごく痛いんですよ!!

固まって動かない肩甲骨を無理やりはがすということは…


首や肩が凝り固まっている人や肩が動きづらい人は200%間違いなく痛いです。






実際に凝り固まっている方に対して肩甲骨はがしをやってみました。







指が入りませんね...

それに加え、予想通り痛みが生じてしまいました。


痛みが生じてしまえば、人間は防御的に筋肉が硬くなります。

これは人間の摂理なのです。



想像してみてください。
他人にたたかれようとする瞬間を。
少しかまえて、体に力が入り、筋肉がかたくなりますよね?






人間の痛みに対する反応はこのようなループになる!



①痛みが出る ⇒ 

②かたくなる ⇒ 

③肩甲骨がはがれない⇒ 

④もっと力を入れてはがそうとする⇒ 

⑤痛みがでる ⇒ 

①〜⑤の繰り返し

となります。


残念ながら頑張って剥がそうとするほど、負の連鎖に陥るのです。






この場合は肩甲骨が剥がれたくないので筋肉がこわばっていると考えた方が良いです。

その剥れたくない原因とは何なのか?


肩甲骨が剥れたくない原因を作り出しているのは?



ある場所をしっかり動かしてみました。

そうすると...





肩甲骨に指がはいるようになるんです!


さて、それはどこかわかるでしょうか?



肩甲骨を剥がす秘密はここだ!




【出典】ネッター解剖学アトラス(原書第4版) 著者 Frank H Netter 訳者相磯貞和 発行所 エルゼビア・ジャパン株式会社 発売元 株式会社 南江堂 図185


『肋骨と背骨の関節』なんです!


この肋骨と背骨の関節を良く動くようにするだけで不思議と肩甲骨の内側についている筋肉が柔らかくなります。



肋骨の動きを良くすれば、

肩甲骨は剥がさなくとも、勝手に『剥がれる』んです!


もう一度繰り返します!


肩甲骨は自然と『剥がれる』ものなんです!



それじゃ~、

「どのように肋骨の関節を動かしたら肩甲骨は剥がれるの?」と思ったあなたはこちらの記事をみてくださいね!⇓



全肩こり・首こりにお悩みの方に捧ぐ!めっちゃ簡単な『剥がれる肩甲骨』づくりのやり方



つらい肩こり・四十肩・五十肩には、『剥がれる』肩甲骨づくりを行いましょう!


肩こり・四十肩・五十肩でお悩みの方は是非当店 柔 YAWARA までご相談くださいね。
あなたの力になる為、全力を尽くします!


◯肩こり・四十肩・五十肩の人が読んでおくといい記事はこちらです!⇓
肩にトラブルを抱えているあなたへ! 『肩こり、四十肩の比較まとめ』 知っておくべき7つの違い


こちらも合わせて御覧ください。



  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年02月13日 10:00  カテゴリ:プライベート

蒲郡の竹島でビーチコーミング!

蒲郡市の竹島でビーチコーミングをしました!

ビーチコーミングとは浜辺に落ちている漂着物を拾い集める遊びです!^ ^


今回はただの貝殻拾いですが(;´Д`A

天気がいい日だったので




景色も綺麗で


貝殻も沢山拾えました^_^



ただ1つ問題が・・・





カニさんがついてきてしまいました。。。

選択肢は

①家の外に放す

②煮て食べる

③元の場所に戻す

がありましたが、

①、②は縁起が悪いので、


結局・・・



夜竹島に行って放流しました(;´Д`A



無事に返すことが出来たのに加え、

ライトアップもみれたので

結果オーライです♪







  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年02月08日 17:17  カテゴリ:ボディケア・整体カテゴリ:働く人・ワーカー実例カテゴリ:運動されるお客様実例カテゴリ:肩こり・四十肩・五十肩カテゴリ:頸の痛み・トラブル

首こり・肩こり解消法 ~肩に影響与える鎖骨を動かしましょう!K様の実例を用いて説明していきます。~

いつもお世話になっております。


本日は前回

『寒いときに悩まされる首こり・肩こり。その解消法は肩甲骨?』

で記述した鎖骨が肩周りにどのような影響を及ぼすか、実例を踏まえて

ご紹介いたします。

肩周りが凝り固まっていれば、肩の動きも低下します。

ほぐれていれば、肩の動きがよくなります。



前回


肩こりなどをほぐす為の肩回しは


動かすのは肩甲骨ではなく


『鎖骨』


肩を回すなら


赤丸の位置に手を置いて

腕を大きく回しましょうと書きました。


【出典】http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071127/288050/?rt=nocnt





この鎖骨が

肩周りにどのような影響を及ぼしているのでしょうか!?



特別肩にトラブルがないK様にご協力していただきました。


K様の通常の肩の挙がり方は以下の写真の通りです。




『鎖骨が動きづらかったら肩の動きも悪くなる』

のを検証するために


下の写真のように鎖骨を押さえてみます。





この状態で肩を挙げていただきました。





明らかな制限が出てしまいます。



左:通常の肩の動き 右:鎖骨の動きを制限させた肩の動き

では、

鎖骨を動くようにすれば、肩の動きも改善するか検証してみます。


どのように動かすのかというと・・・

すみません。

ブログでは秘密とさせていただきますm(__)m




鎖骨の動きを改善させた結果がこちらです。




通常のK様の肩の動きと比べると



左:通常の肩の動き 右:鎖骨の動き改善後の肩の動き


鎖骨の動き改善後の方が耳がよく見えるようになってます。


鎖骨の動きを制限させた肩の動きと鎖骨の動き改善後の肩の動きを比べてみると


左:鎖骨の動きを制限させた肩の動き 右:鎖骨の動き改善後の肩の動き


動きの差がはっきりします。


肩の動きに問題のないK様ですらこのように変化がおきるので、

鎖骨は非常に大事な部分です。


以上のことから、

もしご自身で肩こりを解消されたいのでしたら、

肩回しは



【出典】http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071127/288050/?rt=nocnt




このようではなく、

赤丸の位置に手を置いて

腕を大きく回しましょう!!


【出典】http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071127/288050/?rt=nocnt




よろしくお願い致します。


K様ご協力ありがとうございました。  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年02月05日 13:04  カテゴリ:ボディケア・整体カテゴリ:肩こり・四十肩・五十肩カテゴリ:頸の痛み・トラブル

寒いときに悩まされる首こり・肩こり。その解消法は肩甲骨!?

立春が過ぎ、暦上春なりましたね。

まだまだ寒い日は続きますのでお身体の管理には気を付けましょう。

多くの方が、寒くなると毎年の恒例行事のように

鉛が乗っっているかのごとく肩が重くなる、

首こり、肩こりに悩まされると思います。


デスクワークなどで背中が丸くなっていたり、


【出典】http://viola119.com/blog/


外の寒さで体を丸くして震えていたりするだけで



【出典】http://matome.naver.jp/odai/2138183130046959101


首こり、肩こりが発生してしまいます。



なぜなら、

以前書いた『理想的な姿勢とはどんな姿勢でしょうか!?』ように

頭が重心線より前に出て頸、肩の筋肉が頑張りすぎてしまう為です。


〈理想的な姿勢〉

赤線:重心線

〈重心線より頭が前に出た姿勢〉



それでは、

頑張りすぎて、凝り固まった首、肩周りの筋肉に対して何をすればよいのでしょうか?


『肩甲骨』




【出典】http://matome.naver.jp/odai/2141024187688512601


に着目してみましょう!


【出典】http://blogs.yahoo.co.jp/k_naishi/40305646.html


上の写真のように多くの首、肩周りの筋肉がついてます。

また豊富な肩の動き(可動域)を作り出すのが肩甲骨です!


なので

肩甲骨を回すイメージで肩を回しましょう!!



【出典】http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071127/288050/?rt=nocnt



では足りないんです…



さらに注目してほしいのが


肩甲骨が体のどこについているか?


実は

鎖骨という骨をかえして

胸の骨と連結してるのです!!



【出典】http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-433.html?sp


そのため、

この関節が動かないと肩甲骨が柔軟に動かないです。


動かすなら肩甲骨ではなく


『鎖骨』



肩を回すなら
赤丸の位置に手を置いて

【出典】http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071127/288050/?rt=nocnt


鎖骨を回すように腕を大きく回しましょう!!  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年02月02日 16:00  カテゴリ:プライベート

でっかいでっかいガジュマルの木

休日の話です!


碧南市の青いパークに行ってきました!

そこの鑑賞温室に

3~4メートル級の『ガジュマルの木』がありました\(◎o◎)/!



幹から垂れる気根がかっこいい!!

とても神秘的でした♫


当店にも


0.15m級の『ガジュマルの木』があります!





半年前ははげ散らかしていましたが…




今では





わっさわっさしてます♪♪



3メートル近く伸びるには何年かかるのでしょうか!?


想像がつきません(>_<)  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)

2016年02月02日 13:22  カテゴリ:ボディケア・整体

立っている時の理想的な姿勢ってどんな姿勢!?

立っている時の理想的な姿勢とはどんな姿勢でしょうか!?

【出典】http://nekogazou.com/yabaneco18/

『いい姿勢にしなさい!』

『胸をはりなさい!』

『背筋をシャキッとしなさい!』


何を基準にいい姿勢というのでしょうか??


今回は書物に書かれている理想的な姿勢をご紹介します!


参考書によって若干の違いはありますが、


このような姿勢のことを指します。



【出典】http://www.s-cocoro-s.com/blog/2014/05/post-1-851373.html


横から見て

重心線(*重心線とは「体の重さがもっとも かかる部位」を表す簡易的な線です。)が

耳の後ろ、肩峰(肩の外側で一番出っ張っているところ)、大転子(お尻の横で出っ張っている骨)、外くるぶしの少し前を通るのが理想と言われています。


不良姿勢といわれるのがこちらです。

一番左:理想
【出典】筋骨格系のキネシオロジー



このような姿勢によって、負担がかかってくる場所が変わってきます。


重心線が指標になります。

一度自分の姿勢をこの理想といわれる図と見比べて、

お身体を見つめてみてはいかがでしょうか?




  

Posted by 柔 YAWARA │コメント(0)